よくある質問

お車の売却について

必要書類、支払い方法について

必要書類は?
自動車検査証(車検証)・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責)・自動車税納税証明書・印鑑証明書が必要です。
無事契約締結の際には、弊社で用意する契約書・委任状・譲渡証明書等に、実印をご捺印いただきます。また、これ以外に必要書類がある場合がありますが、その際は窓口、または営業スタッフがご説明いたします。不明な点がある場合は、スタッフにお気軽にお尋ねください。
ローン支払い中の車でも、買い取り・下取りにだせますか?
はい、もちろんです。
通常、お車をクレジットご利用の上でお買い求めになられた場合、その完済までの間、ディーラーやクレジット会社により所有権が留保されており、車検証の登録事項でそのことを確認できます。
所有権留保のお車を売却する際には、残債務の一括完済が必要です。 弊社では、クレジット会社への確認や所有権解除など面倒な手続を代行するサービスを行っておりますので、お気軽にお申し付けください。お車の契約金額をもとに、弊社がお客様に代わりクレジット会社へ一括返済し、これを控除した金額をお客様にお支払させていただきます。
買い取りの場合、代金の受け取り方法は?
原則買い取りの場合の代金は、お振込みでのお支払いとさせていただいております。

査定について

査定の方法を教えて下さい
日本全国、毎日のように開催されているオークションの落札価格から現在の相場を割り出し、お客さまのお車の状態を把握したうえで、車輌引き渡し時の推定価格を査定に用いております。
査定額はいつまで有効ですか?
もちろん査定額に関しては、できるだけ長い間維持させて頂きたいのですが、取り扱う商品が古物という性質上、価格変動とは切り離して考える事が出来ません。車種によって、変更の度合いも異なりますので、詳しくは営業スタッフまでご相談下さい。
査定時間はどれくらいかかりますか?
査定実務に要する時間は15分程度です。弊社は査定するスタッフが直接オークションへも出入りしておりますので、車の状態や相場に精通しており、お待たせする事はございません。
夜に査定はできますか?
弊社の査定士は夜の査定にも備えて準備しておりますので問題ございません。ただ、夜は見にくいため査定に時間がかかります。お待たせしてしまうのは大変恐縮ですし、より良い査定価格のためには明るい時間帯にお越し頂くことをお勧めいたします。
バッテリ−があがっている車輌や事故車、その他故障のある車両は査定してくれますか?
はい。もちろん査定いたします。
ケーブルやブースターなどのご用意もございますし、弊社は運輸局指定の民間車検工場のため、検査員、国家資格整備士が多く在籍しておりますので、安心してお任せください。
1度に複数のクルマの査定はできますか?
多少お時間を頂きますが、お客様のご都合さえ宜しければ無料ですので何台でも査定させていただきます。
商業車の買取りはできますか?
はい。 商業車(黒、緑ナンバー)については査定・買取りは問題ありません。
また、お客さまに白、黄色ナンバーへの変更など、面倒な手続きをお願いすることもございません。

名義(所有者)について

名義変更に要する期間は?
約2週間のお時間を頂いております。
弊社が責任を持って間違いなく名義変更させて頂きます。基本的には所有権等に制限がなければ、1ヶ月以上お待たせするような事はございません。
名義変更が終わっていなくても車庫証明は取れますか?
問題なく取得できます。 通常車庫証明の申請書に、入れ替えを記載する欄がございますので、その欄をご利用して申請してください。

売却額について

オークション相場とはどのようなものですか?
日本全国、毎日のように開催されているオークションの落札価格のことです。
弊社ではその落札価格から現在の相場を割り出し、車輌引き渡し時の推定価格を査定に用いております。
具体的に何の装備がプラスで何がマイナスなのですか?
改造も含めて、パーツ取付けというのは大きく分けて2つあります。
1つは、その車輌に乗っている方、乗りたい方なら誰もが取付けたい、いわゆる一般受けするものです。純正品のオプションを初めとして、サンルーフ・革シート・ナビ・テレビ等はその代表的なものでしょう。このような装備はプラスの査定となります。
一方、個人の趣味、好みが大きく反映されているようなパーツ取付け、改造はやはり相場を下げる原因となります。
洗車していた方が良いのですか?
特に必要ございません。
洗車をしていないからといって査定額が下がる事はございません。

その他について

抹消登録した車の場合は?
もちろん抹消登録した車も買い取りさせて頂いております。必要書類としては、抹消登録証明書(車検証の代わり)・譲渡証明書と印鑑証明書及びご実印の捺印となります。